スキンタッチ法は皮フをなでたり、こすったりする新しい刺激の健康法です。

 お子さんの健康管理、健康増進を目的に、古来からおこなわれている東洋医学の「小児ハリ」をアレンジし、ご家庭でも手軽にできるように、スプーン、歯ブラシ、ドライヤーなど身近にあるものを利用しておこないます。

 副作用の心配もなく安心で簡単です。お母さんの子供に対する観察力を養い、早期に子供の体調の変化に気づくことができるようになります。「どう、気持ちがいい?」など、やさしく話しかけながらおこなうことで、愛情が子供に伝わります。

 生後2ヶ月から小学校低学年までのお子さんが対象となります。  疳の虫(かんのむし)・夜尿症・便秘・下痢・食欲不振・ぜん息・アトピー・中耳炎などの小児の慢性疾患全般に効果があります。
 体の表面を軽く刺激することで血流が増加し、副交感神経を優位に働かせることにより、心も体もリラックスします。
 夜泣き、乳吐き、イライラ、奇声、食欲不振、かみつき、チック症状など、いわゆる小児神経症のことです。