小児ハリは江戸時代に関西方面で始まった治療法であり、「ハリ」という名前は付いていますが、一般的なハリの様に刺すことはありません。スキンタッチと同じように、皮フをこすったり、ツボを押したりして刺激します。


 関西方面では「月初めに3日小児ハリをすると一月健康に暮らせる」と言われ、小児ハリが盛んに行われています。

 小児ハリは、国家資格を有した鍼灸師が行います。

ローラー鍼 集毛鍼 使い捨ての小児鍼