首コリ、眼精疲労、目の奥の痛みへの鍼灸・整体治療

 VDT作業をされている方だけでなく、スマホ利用時間の増加により、首コリ、眼精疲労、目の奥の痛み、頭痛を訴えられることが増えています。

 これらの症状の治療には「後頭下筋群」がとても重要だと考えており、中でも目の上下への動きに関与する「大後頭直筋」と、左右への動きに関与する「下頭斜筋」は、特に重視しております。

 VDT作業、スマホ(タブレット)利用時にはこの目の動きが多く、必然的に後頭下筋群への負荷が増えます。また、後頭下筋群には筋紡錘が多く、ストレスにも敏感に反応します。

 後頭下筋群は、三叉神経第一枝の眼神経と脊髄内で連絡していますので、後頭下筋群の過緊張により、眼の奥の痛みを引き起こすことになりますし、後頭下筋群の近くを後頭部へ行く大・小後頭神経が通っていますので、この神経に負担がかかると、後頭部の頭痛を起こします。

 後頭下筋群は深層筋ですので、鍼以外では直接刺激することは難しく、鍼治療の独擅場となっています。

 整体治療では、大後頭直筋、下頭斜筋共に第2頚椎から始まりますので、第1,2頚椎の調整をしていきます。

 鍼灸・整体治療直後に効果は体感できます。

春日井市のスズキホリスティック鍼灸院・整体院

緑内障の鍼灸・整体治療

 慢性の緑内障である開放隅角緑内障において、鍼灸治療を併せることによって、眼圧低下効果があります。薬での眼圧コントロールがうまくいかない場合には、鍼灸・整体治療を試してみると良いと思います。

 作用機序としては、シュレム管の開閉に自律神経が関与しており、鍼灸治療により自律神経の働きが改善されることが考えられます。

 週に2回、6週間ほどの治療が基本となります。

 緑内障の患者さんは月に1度眼科を受診される方が多く、眼科受診後に治療を開始し、次回の眼科受診時に眼圧低下が見られれば、治療回数を減らしていきます。

 緑内障の方が訴えられる、眼底痛、ドライアイ、眼精疲労に対しても鍼灸・整体治療はとても効果があります。

春日井市のスズキホリスティック鍼灸院・整体院

顔面神経麻痺(ベル麻痺)の鍼灸・整体治療

 顔面神経麻痺は中枢性と末梢性に分けられ、末梢性は発症の原因が分かっている症候性顔面神経麻痺と、原因がハッキリしない特発性顔面神経麻痺(ベル麻痺)に分かれます。

 ベル麻痺は一側性顔面神経麻痺の60〜75%を占め、性差はなく、発症年齢は40歳台をピークに持ちます。

 原因の多くはウイルス性と言われており、ウィルス感染により、神経炎や神経浮腫を起こしたり、神経の通り道で神経が圧迫されることによって二次的に神経損傷を生じた結果、顔面神経が麻痺します。

 末梢性の顔面神経麻痺では半側顔面全体に麻痺がみられ、耳や顔面の痛みやシビレを伴ったり、麻痺側の聴覚過敏(音が大きく聞こえる)、涙腺、唾液腺の分泌低下や味覚障害を起こします。

 当院では、顔面神経麻痺の問合せがあった場合、発症直後には病院への受診をお願いしております。

 病院では、ステロイド薬と抗ウィルス薬の使用が一般的に行われています。ただ、それらの治療効果が認められているわけではありません。医師の考えとしては、ハッキリとしたエビデンス(根拠)は無いが、出来るだけのことをしよう!ということだと思います。

 私もそれらの治療を受けて頂いた方が安心だと思いますので、受診を勧めております。

 1〜2週間病院の治療を受けて頂き、その後鍼灸治療を希望された場合に、治療をしていきます。

 鍼灸治療での効果がどれ程あるのかは、正直よく分かりません。1ヶ月程で回復する軽症例では、鍼灸治療をしてもしなくても良くなった症例でしょう。

 顔面神経麻痺(ベル麻痺)は無治療(放置)でも70%は完治すると言われておりますので、病院で治療した、鍼灸治療をしたということ関係なく、ほとんどの人は良くなります。

 ただ当院のような鍼灸院には、発症後数ヶ月経過し、色々な症状が残っている状態で来院される場合が多くあります。そういった患者さんが鍼灸治療を始めることによって、症状が改善されることも多々ありますが、やはり時間が経過していればしているほど難しくなるようです。

 ご自分が7割に入るかどうかは分からないのですから、発症後数ヶ月たってからジタバタするのではなく、出来るだけ早期から積極的に治療を!です。

春日井市のスズキホリスティック鍼灸院・整体院

三叉神経

前回のMPSで三叉神経痛が出てきましたので、説明していきます。

 三叉神経痛には、原因が明らかでない特発性(真性)のものと、原因が明瞭ないわゆる症候性(仮性)のものとがあります。

 特発性三叉神経痛の9割以上は、三叉神経が脳幹から出たところで脳の血管によって圧迫される「神経血管圧迫」によるものです(以前は原因が分からなかった為に特発性と呼んでいました)。ですから、投薬にて改善が見られない時には手術となります。当然ながら鍼、整体治療は無効です。三叉神経痛の辛さで頚肩部がコリますので、それを緩めること位しか出来ません。

 症候性(仮性)三叉神経痛の原因には、帯状疱疹(ヘルペス)、腫瘍、外傷、歯髄炎などがありますが、原因不明も多々あります。

 この原因不明の三叉神経痛の中に前回のMPS(筋膜性疼痛症候群)が入ります。

 咬筋、側頭筋、表情筋中にあるトリガーポイントが原因となり、これらを丁寧に探しながら、鍼治療をしていくと改善されます。 トリガーポイントが原因であれば、概ね数回の治療で症状の改善を実感出来る状態になります。

春日井市のスズキホリスティック鍼灸院・整体院

美容鍼

 数年前より肩こり等で来院されている女性の患者さんから、顔に鍼をして欲しいというリクエストが増えてきました。

 雑誌やテレビで「美容鍼」と紹介されているそうです。

 読み方は「びようばり」「びようはり」「びようしん」と様々です。

 顔面鍼なのですが、美容鍼という呼び方は上手ですね。

 以前より眼精疲労の患者さんに顔面鍼をすると「化粧ののりが違う」「洗顔した時の感じが違う」という感想を聞くことがありました。

 鍼をすることによって血行や代謝が良くなり、肌にも良い影響があることは当然のことと考えられます。

 シミや小顔等々…とても効くようなことを書かれているHPがありますが、基本的には肌荒れ、乾燥肌、くま、くすみ、しわ、むくみなどの血液やリンパの循環改善によって得られる変化がメインになり、シミに効くと言われると….ちょっと??になります。小顔はむくみが取れただけでしょう。

 全身治療+美容鍼~5,000円、頚部治療+美容鍼~3,000円となります。

 大変申し訳ありませんが、現在は美容鍼の初診を受け付けておりません。当院に通院歴がある方のみとなります。

 皮膚は内臓の鏡といいますし、ストレスで肌が荒れるというのは周知のとおりです。やはり全身治療と美容鍼が東洋医学的にもお勧めになります。

  当院では治療効果を上げるために、顔面部の局所治療(美容鍼)だけではなく、頚部治療を併せております(リンパの流れが良くなります)。

 局所治療での効果の持続時間は数日〜1週間ほどだと思われます。

春日井市のスズキホリスティック鍼灸院・整体院