スポーツ外傷とスポーツ障害に対する鍼灸・整体治療

 スポーツ外傷とスポーツ障害

 スポーツ外傷とは、衝突、転倒などの外力による怪我で、打撲、挫傷、捻挫、骨折、筋腱損傷等。

 スポーツ障害とは、繰り返しのストレスによっておこるものであるが、年齢、体力、技術、経験などの個人的な要因による部分が大きい。局所的には筋肉や腱などの軟部組織の浮腫や炎症、変性、軟骨の摩耗、骨棘形成などの変化。

 病名としては、テニス肘、ゴルフ肘、野球肘、野球肩、ジャンパー膝、アキレス腱炎、足底筋膜炎腰椎分離症などがある。

 スポーツ外傷・障害に対する鍼灸、整体治療は以下を目的とする。

 1.スポーツ外傷・障害の治療

 2.コンディション調整(疲労、筋肉痛の早期回復)

 3.パフォーマンスの向上

  打撲や捻挫治療に鍼灸?と思われるかも知れませんが、鍼灸には炎症を抑える効果、鎮痛効果がありますので、鍼灸治療を加えると回復が早くなります。 試合が近いなど場合には、病院等の治療と併せて鍼灸治療をしていくと良いと思います。

 鍼治療は鎮痛効果がとてもありますが、ただ単に「痛み」を取るのではなく、

 1.なぜ痛み(障害)を起こしているのか?

 2.再発防止には何をしたら良いのか?

 を考えるのが大切です。

春日井市のスズキホリスティック鍼灸院・整体院

足底筋膜炎(足底腱膜炎)

足底筋膜炎(足底腱膜炎) 足底筋膜炎(足底腱膜炎)とは、足の土踏まずのアーチを支えている足底筋膜に炎症が起きた状態です。

f:id:suzukiholistic:20160914144233p:plain

 ランニング等のスポーツで傷めることが多いのですが、スポーツだけでなく、サンダルで長時間歩いた、普段あまり歩かない方が旅行や買物で歩いた等でも傷めます。

 図の星印の辺りで痛みを感じます。

f:id:suzukiholistic:20160914144640p:plain

 起床時の一歩目は激痛になります(微小断裂部分が就寝中に硬くなるため)。歩いているうちに少し傷みにくくなり、夕方になるとまた痛みが強くなります。 症状が悪化すれば一日中痛みが続きます。

 整体治療は腰椎の調整、鍼治療では腰部や下肢の筋肉(ヒラメ筋、腓腹筋)の緊張を緩和する目的で刺鍼します。

 基本的に足の裏に直接鍼を刺入することはありません。 

 概ね2週間ほどで良くなります。 良くなってからはストレッチ、筋トレの指導をしていきます。

春日井市のスズキホリスティック鍼灸院・整体院