ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット・シュラッター病の鍼灸・整体治療

 ジャンパー膝はバスケットボールやバレーボールのように、頻繁にジャンプ動作を繰り返すスポーツや長距離走、サッカー、テニスなどで、膝を伸ばす動きに負担がかかり過ぎることによって、膝蓋靭帯や筋肉が骨に付着する部分に微小断裂をおこし、痛みを訴えます。

 痛みの場所は下の3カ所になります。

 Aの部分は大腿四頭筋(太もも前面の筋肉)と膝蓋骨(おさら)の境界

 Bの部分は膝蓋骨と膝蓋靭帯の境界

 Cの脛骨粗面(膝蓋靭帯付着部)

 Bで痛みを訴える割合が7割あり、場所から膝蓋靭帯炎とも言われます。

f:id:suzukiholistic:20170314092448p:plain

 ジャンパー膝の症状分類

 1. スポーツ活動後に痛み、活動中は痛みがない

 2. スポーツ活動中と活動後に痛みはあるが、プレーには問題ない

 3. 痛みが常時あり、プレーにも支障をきたす

 4. 膝蓋靭帯付着部の断裂

 ジャンパー膝の検査

 1. 膝屈曲テスト〜伏臥位にて、踵をおしりに付けようとすると、太もも前面に突っ張り感を訴え、尻上がり現象がでる。

 2. 椅子に座って、膝を伸ばす動きに抵抗を加えると痛みがでる。

 オスグット・シュラッター病はCの脛骨粗面に痛みが出ます。発症年齢にズレはありますが、原因はジャンパー膝と同じと考えて問題ないと思います。

 ジャンパー膝、オスグット・シュラッター病の治療

 症状分類の1,2では、スポーツを少しセーブしながら治療をしていきます。

 大腿四頭筋を緩めることを主眼として鍼灸治療をおこなっていきます。整体治療では骨盤の傾きを修正し(骨盤(上後腸骨棘)が下がっている方の脚から、痛みが始まることが多い)、大腿四頭筋に関係する腰椎の調整をします。

 自宅ではスポーツ後のアイシングやストレッチが有効です。

 症状分類の3では、スポーツを休止した方が良いと思います。治療方法は上記と同じです。

 ジャンパー膝、オスグット・シュラッター病を発症し易いスポーツをされている方は、膝屈曲テスト(大腿四頭筋のストレッチ姿勢)をご自分で行い、お尻に踵が抵抗なく付く状態をキープするように心がけましょう。

春日井市のスズキホリスティック鍼灸院・整体院

スポーツ外傷とスポーツ障害に対する鍼灸・整体治療

 スポーツ外傷とスポーツ障害

 スポーツ外傷とは、衝突、転倒などの外力による怪我で、打撲、挫傷、捻挫、骨折、筋腱損傷等。

 スポーツ障害とは、繰り返しのストレスによっておこるものであるが、年齢、体力、技術、経験などの個人的な要因による部分が大きい。局所的には筋肉や腱などの軟部組織の浮腫や炎症、変性、軟骨の摩耗、骨棘形成などの変化。

 病名としては、テニス肘、ゴルフ肘、野球肘、野球肩、ジャンパー膝、アキレス腱炎、足底筋膜炎腰椎分離症などがある。

 スポーツ外傷・障害に対する鍼灸、整体治療は以下を目的とする。

 1.スポーツ外傷・障害の治療

 2.コンディション調整(疲労、筋肉痛の早期回復)

 3.パフォーマンスの向上

  打撲や捻挫治療に鍼灸?と思われるかも知れませんが、鍼灸には炎症を抑える効果、鎮痛効果がありますので、鍼灸治療を加えると回復が早くなります。 試合が近いなど場合には、病院等の治療と併せて鍼灸治療をしていくと良いと思います。

 鍼治療は鎮痛効果がとてもありますが、ただ単に「痛み」を取るのではなく、

 1.なぜ痛み(障害)を起こしているのか?

 2.再発防止には何をしたら良いのか?

 を考えるのが大切です。

春日井市のスズキホリスティック鍼灸院・整体院

変形性股関節症

 変形性股関節症とは、臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)、先天性股関節脱臼の他、遺伝、加齢、体重、性別など複数の要因で軟骨の欠損により生じた関節症状や兆候のある疾患群と定義されます。

 変形性股関節症は前股関節症〜初期股関節症〜進行股関節症〜末期股関節症という具合に進行し、2年で軟骨がすり減ってしまうとも言われます。

 ただ、変形性股関節症に限ったことではありませんが、レントゲン検査での所見と本人の痛みに相関関係はありません。

 初期股関節症の方は1〜2の痛みで末期股関節症の方は10の痛みになる訳ではなく、末期股関節症(このステージでは可動域の制限はあります)と診断されていても、痛みを感じることが無い方もみえます。逆に初期股関節症でも強い痛みを訴える方もみえます。

 現在、変形性股関節症治療で当院に通われている患者さんの最長は20年になり、初診時から関節可動域もほとんど変化なく、20分程歩いて来院されてます。

 ですから、変形性股関節症という名前にとらわれず、今ある「痛み」をどうするか?を考えていくと良いと思います。その方法の一つに鍼・整体治療があります。

 変形性股関節症の患者さんが訴えている「痛み」の場所は鼠径部、腰部、臀部、大腿前面、大腿側面、大腿後面、下腿前面などがあり、その痛みに股関節周りにある筋肉のトリガーポイントが関係していることが多々あります。 

 小殿筋のトリガーポイントによるMPS(筋膜性疼痛症候群)〜臀部、大腿後側、大腿側面、下腿側面

 とても簡単に説明すると…星印のトリガーポイントに問題があると、黄色の部分に痛み等の症状が出ます…ということになります。

f:id:suzukiholistic:20160909104853p:plain
f:id:suzukiholistic:20160909104909p:plain

 中殿筋のトリガーポイントによるMPS〜臀部、大腿後側

f:id:suzukiholistic:20160909104828p:plain
f:id:suzukiholistic:20160909105057p:plain

 長内転筋のトリガーポイントによるMPS〜大腿前面、下腿前面

f:id:suzukiholistic:20160909110737p:plain
f:id:suzukiholistic:20160909110753p:plain

 このトリガーポイントの治療には、鍼治療がとても良く効きます。これらのトリガーポイントを丁寧に探しながら治療し、消していくと痛みはかなり改善されます。 また股関節に関係する腰神経への刺鍼、腹部の緊張を取る刺鍼を合わせていきます。

 整体治療では関係する腰椎の調整と、股関節の関節モビライゼーションを合わせ、筋肉トレーニングも段階的に指示していきます。

 治療効果は週に1〜2回の鍼・整体治療で、治療開始から3〜6ヶ月の期間に8割ほど改善され、それ以後は大きな変化は見られない…というイメージです。

 これは3〜6ヶ月で軟部組織の問題はほぼ改善され、鍼、整体治療の効果が無い部分による痛みが残っていると考えられます。この経過は変形性膝関節症もよく似ています。

 そこからは治療期間をあけながら、現状を維持していけるように治療を続けていきます。痛くなってから治療するのではなく、定期的に治療して痛みを再発させないようにすることが理想となります。

春日井市のスズキホリスティック鍼灸院・整体院