交通事故・自賠責を利用した鍼灸治療

 自賠責保険を使い鍼灸治療を受けることが出来ます。

 警察への手続き、医師の診察終了後、保険会社の担当者に当院へ通いたいと申しつけ下さい。 

 基本的にはこちらにありますように鍼灸治療の支払いを国が認めていますが、対応は保険会社により様々になります。 

 ご不明な点がありましたらお問い合わせ下さい、詳しくお話しさせて頂きます。

 保険会社から通院許可が出ましたら、治療費は委任払いになり、窓口でのお支払いは必要なくなります。

 病院へ通院しながら当院へ通うことも問題ありません。

 交通事故による頚椎捻挫(むちうち症)には鍼灸治療がよく効きます。軽い症状であれば、概ね1ヶ月~3ヶ月で良くなります。

 また打撲、挫傷に対しても鍼灸治療をすることにより、腫れが引くのが早くなります。  

 むちうち症により、肩、背中、腕、手などにシビレが出ている場合には注意が必要になります。もちろんシビレに対しても鍼灸治療が有効になりますが、後遺症という問題が出てきます。

 代表的なのは天気が崩れる前後の体調不良(頭痛、肩こり等)とシビレになります。保険会社からは事故後6ヶ月を目安に治療を打ち切られることが多いのですが、患者さんはその時に残っている症状を後遺症だと考えます。ところがご本人がいくら症状を訴えても、後遺症の審査会で認められなければ後遺症とはならないのです。

 審査では本人の訴える症状が他覚的に証明された時、後遺症と認められます。

 天気が崩れる前後の体調不良を他覚的に証明することは出来ませんので、これらの症状で後遺症が認められることはありません。

 シビレがある場合には、証明出来ることがありますから、打ち切り後の後遺症審査を踏まえつつ、検査(MRI、サーモグラフィー、筋電図、徒手検査等)をしなくてはなりません。

 打ち切り前になって他覚的データを揃えるのはとても難しくなりますので、状態をみながら病院へ紹介をしていくことになります。

春日井市のスズキホリスティック鍼灸院・整体院

関節のあそびとは?

 関節には車のハンドルの様な「遊び」があります。この「関節の遊び」があることが関節の健康度を示す指標となります。 

 下のイラストの様にご自分の指の「「関節の遊び」を確かめてみましょう!

 どうでしょうか? 指先だけが横に1~2mm動くのを確かめられましたか? 

 コツは人差し指の元が動かないようにしっかり固定する事です。 

 若い方で「関節の遊び」が無い事はほとんどありませんが、年を取るにつれて徐々に「遊び」が少なくなります。    

「無くて七癖」といいますが、長年生きてくれば、骨格の捻れは多かれ少なかれ誰でもあります。解剖学の教科書にのっているような骨格である事(整った骨格)も大事だとは思いますが、例えどんなに綺麗な背骨をしていても、この「関節の遊び」が無ければ健康な関節とはいえません。

 当院ではこの「関節の遊び」を改善する事(健康な関節・骨格)を主眼において整体治療をしております。

春日井市のスズキホリスティック鍼灸院・整体院

背骨をボキッと鳴らすと?

背骨は前後にわん曲しています。この背骨を「ボキボキッ」とするとどうなるかを首の骨で説明していきます。

 そもそも関節が「ボキボキッ」と鳴るとは?はこちらを。

  首は7個の骨から出来ていますが、これを仮に10個の骨(10個の関節)で出来ているとしますと、首を曲げる動作の場合には、この10個の骨が「1」づつの動きをして、全体として首を曲げるという動作をしていることになります(厳密には違いますが、たとえとして)。

 実際の首の骨は前へのわん曲を持っていますので、わん曲の頂点である背骨(真ん中あたりの背骨)がよく動くことになります。

 湾曲した針金を動かす時、曲がっている所しか動かないのと同じです。

 ですからご自分で首を「ボキボキッ」とさせる場合には、この真ん中の辺りの関節を鳴らしている事になるのです。

 関節を頻繁に「ボキボキッ」とすると、徐々に関節がゆるくなってきます。

 するとこの真ん中辺りの関節は、普段でもよく動く関節なのによりいっそうよく動く(ゆるい)関節になってしまいます。

 これを先ほどの10個の骨の考え方に当てはめると、真ん中辺りの関節3つが本来なら「3」の動きをすれば良いのに、「5」~「7」という動きをする様になるのです。この真ん中辺りの関節には、動き過ぎる事による弊害(関節の変形、背骨同士の隙間が狭くなる)が出てきますし、この3つの関節が「6」の動きをしたとすると、他の7個の関節は7個で「4」の動きをすれば良い事になってしまいますので、徐々に首の上の方と下の方の関節は硬くなってしまうのです。

 そもそも背骨を「ボキボキッ」っとするとなぜ楽になるのでしょうか?  背骨の中には脳から出てきた神経の束が入っていまして、その束から分かれた神経が背骨と背骨の間の「神経の出口」から出てきます。

 この神経の出口から出てきた神経が「筋肉・血管・内臓等」に分布するのですが、この神経が「ボキボキッ」っとされた時、背骨と背骨の間が広がる(正常可動域を超える)ことによって活性化すると言われています。

 この神経の活性化がコリを生じていた筋肉を緩め、血液循環が改善されることによって、楽になったり、スッキリした感じがするのです。

 首を「ボキボキ」とする人たちは、首の真ん中辺りの関節が一時的に大きく動かされるので、その辺りの背骨の間から出てくる神経の支配領域の環境が改善される事が考えられます。

 ところが、「ボキボキ」とすればするだけ他の関節が硬く、動きにくくなる為、その硬くなった関節から出てくる神経の働きが悪くなってしまいます。

 首の場合ですと、首の上の方と下の方から出る神経の働きが悪くなるのです。

 ですから首を「ボキボキ」する方は後頚部、後頭部、背部、腕の症状が悪くなる傾向があります。

 また交通事故で追突された時に関節が緩い分だけ、むち打ち症状がひどくなることがあります。

 こういった方々の治療は、動きの悪い関節の動きをつける事と共に、動きすぎている関節(ボキボキッしている関節)をこれ以上動き過ぎないようにすることが大事になります。

 ですからご本人も「ボキボキ」をしないように努力しましょう! 3ヶ月程鳴らさないように我慢すれば、鳴らなくなってきます。

春日井市のスズキホリスティック鍼灸院・整体院

関節がボキッと鳴るのは?

「ボキッ」という音はどういった時に鳴るのでしょうか? わかりやすい場所として「指」で仕組みを見ていきましょう!

「ボキッ!」という音はイラストのように、普通に動く範囲(正常可動域)を超えた時に鳴るのです。

 整体治療で背骨がボキッっと鳴るのも全く同じ仕組みです。

 この音は関節の中のガスの音だと言われますが、現在のところ何が音を出しているかは分かっていません。

 患者さんの中には、ボキッと鳴ることにより、背骨がずれていたのが元に戻るイメージを持たれる方がありますが、そんなことはありません。

 「残念ながらただ音が鳴っているだけです。」

 指をボキボキ鳴らした時、指の位置が変わることはありませんよね。

 注意しなければならないのは、一般の方は指を鳴らそうとしても鳴りませんが、よく鳴らしている方は簡単に鳴らしています。これは繰り返し鳴らすことによって、関節が緩くなり、鳴りやすくなっているのです。

 指の関節が緩いくらいはあまり問題ありませんが、背骨ですと色々な問題が出てきますので、これについてはまた稿を改めます。

春日井市のスズキホリスティック鍼灸院・整体院

来院されている方は?

男女比では女性の患者さんが6割をしめています。

 年齢別で見ますと、年齢が高くなるにつれて多くなる傾向にありますが、広い年齢層にわたって、まんべんなく来院されています。

 高齢者の方は一週間に1回、2回と決めて来院される方が多いので、この表を延べ人数で作ると高齢者の割合はもっと増えると思います。

 疾患別にみますと、腰痛、肩こりで約70%を占めます。 最近の傾向としまして、精神的疾患の患者さんが増えています。

 現在、鬱病、パニック障害、摂食障害、統合失調障害等の患者さんが来院されています。

春日井市のスズキホリスティック鍼灸院・整体院