首コリ、眼精疲労、目の奥の痛みへの鍼灸・整体治療


 VDT作業をされている方だけでなく、スマホ利用時間の増加により、首コリ、眼精疲労、目の奥の痛み、頭痛を訴えられることが増えています。

 これらの症状の治療には「後頭下筋群」がとても重要だと考えており、中でも目の上下への動きに関与する「大後頭直筋」と、左右への動きに関与する「下頭斜筋」は、特に重視しております。

 VDT作業、スマホ(タブレット)利用時にはこの目の動きが多く、必然的に後頭下筋群への負荷が増えます。また、後頭下筋群には筋紡錘が多く、ストレスにも敏感に反応します。

 後頭下筋群は、三叉神経第一枝の眼神経と脊髄内で連絡していますので、後頭下筋群の過緊張により、眼の奥の痛みを引き起こすことになりますし、後頭下筋群の近くを後頭部へ行く大・小後頭神経が通っていますので、この神経に負担がかかると、後頭部の頭痛を起こします。

 後頭下筋群は深層筋ですので、鍼以外では直接刺激することは難しく、鍼治療の独擅場となっています。

 整体治療では、大後頭直筋、下頭斜筋共に第2頚椎から始まりますので、第1,2頚椎の調整をしていきます。

 鍼灸・整体治療直後に効果は体感できます。

春日井市のスズキホリスティック鍼灸院・整体院