片頭痛の鍼灸・整体治療


  1. 成人の1割弱(8%)が片頭痛あり。
  2. 女性に多く、男性の4倍を占めます。
  3. 女性の場合は、生理や排卵と関連していることがあります。
  4. 10代から発症し30代をピークに、高齢なるほど動脈硬化によって血管が拡張しにくくなり、減ってきます。
  5. 頻度は年に数回、月に1~2回、毎週という具合に繰り返し起こします。
  6. 頭痛の部位はコメカミや目の奥が多く、頭全体が痛む場合もあります。
  7. 片頭痛と書きますが、4割の方は左右が痛みます。
  8. 血管に関係した頭痛ですので、脈を打つような痛みを訴えることが多く、血液循環が良くなると、ひどくなります。
  9. 母親からの遺伝の影響を受けやすいです。
  10. 血管説(一番古い)〜片頭痛の前兆は脳血管の局所的な収縮による脳虚血、それに続く脳血管の過剰な拡張により拍動性頭痛が起こる。
  11. 神経説〜皮質拡延性抑制(CSD:cortical spreading depression)のような神経の活動性異常により頭痛が起こる。
  12. 神経血管説(三叉神経痛血管説)〜「何かの原因」により、三叉神経末端が刺激され、三叉神経末端から伝達物質の放出が起こり、硬膜や脳表血管の拡張とともに炎症が起こる(血管)。三叉神経末端の興奮が三叉神経核から脳幹へと伝達され(神経)頭痛が起きる。

 現在、片頭痛は12の神経血管説で説明されていますが、1番大事な「何かの原因」が分かっていません。ただCSDが関与していることは確かなようです。

 CSDが起きた場所には、30%近くの血流低下が起こると言われ、片頭痛発作を繰り返すことによって、脳への影響も考えられますので、発作を起こす回数を減らすことがとても大切になります。

 動物実験では、咬筋の”コリ”がCSD発生閾値を下げる(起しやすくする)ことが分かっています。逆に”コリ”を取り除けば、発生を抑えることが出来るということになります。

 実際、治療によって後頭下筋群、斜角筋、板状筋、咬筋などの”コリ”を取り除いてやると、片頭痛発作の回数は減っていきます。

 最初の1ヶ月を週に1回、2ヶ月目を2週間に1回、3ヶ月目に3〜4週間に1回という感じで治療を行うのが標準になり、2ヶ月目には発作の頻度、頭痛の強さが低下し始めると思います。

 お薬の服用には、副作用や、効かなくなる(薬が増える)、悪化するということもありますが、鍼灸、整体治療にはそういうことはありませんし、片頭痛にとても良く効きます。

 初診時に頭痛日記をつけて、お持ちになると良いでしょう。

春日井市のスズキホリスティック鍼灸院・整体院