坐骨神経痛②


 坐骨神経痛は「腹痛」「頭痛」と同じく症状の名前となりますので、何が原因で坐骨神経痛を起こしているかが重要になります。

 原因には大きく分けて2つあると思います。

 1. 背骨・神経の出口(神経根圧迫)

 2. 筋肉

 1.背骨・神経の出口に原因がある場合

  • 脊柱管狭窄症(背骨の中にある脊髄の通り道が狭くなり、神経根や馬尾神経を圧迫する)
  • 椎間板狭窄症(背骨と背骨の間が狭くなり、神経根を圧迫する)
  • 腰椎椎間板ヘルニア(背骨と背骨の間にある椎間板が飛び出て神経根を圧迫する)
  • 腰椎分離すべり症(背骨のある部分が切れて分離してしまい、その分離した骨や瘢痕組織が神経根を圧迫する)などが考えられます。

 神経痛のところでも書きましたが….

「レントゲン、MRI検査での器質的病変の度合いと、患者さんの訴えている痛みなどの症状にはあまり相関関係はありません。」

  例えば、病院にて脊柱管狭窄症と診断された方が、当院での治療で改善することは多々あります。しかし、改善した後にもう一度検査しても、画像上は変化はありません。

 現在の痛み、シビレの原因が診断名だとは言えないのです。逆に診断名が原因の100%を占めている場合には、鍼灸、整体治療は不適応となります。

 脊柱管狭窄症、すべり症の場合、概ね3ヶ月程の治療をしても変化が無い時には手術を考えて頂きますが、そのまま保存療法(鍼・整体治療)を選択される方もあります。

春日井市のスズキホリスティック鍼灸院・整体院