顔面神経麻痺(ベル麻痺)の鍼灸・整体治療

 顔面神経麻痺は中枢性と末梢性に分けられ、末梢性は発症の原因が分かっている症候性顔面神経麻痺と、原因がハッキリしない特発性顔面神経麻痺(ベル麻痺)に分かれます。

 ベル麻痺は一側性顔面神経麻痺の60〜75%を占め、性差はなく、発症年齢は40歳台をピークに持ちます。

 原因は単純性ヘルペスウィルスⅠ型の再活性化により、神経炎や神経浮腫を起こし、神経の通り道で神経が圧迫されることによって二次的に神経損傷を生じた結果、顔面神経が麻痺します。

 末梢性の顔面神経麻痺では半側顔面全体に麻痺がみられ、耳や顔面の痛みやシビレを伴ったり、麻痺側の聴覚過敏(音が大きく聞こえる)、涙腺、唾液腺の分泌低下や味覚障害を起こします。

 当院では、顔面神経麻痺の問合せがあった場合、発症直後には病院への受診をお願いしております。

 病院では、ステロイド薬と抗ウィルス薬を使用する標準治療がおこなわれます。

 私も標準治療を受けて頂いた方が安心だと思いますので、受診を勧めております。

 受診と併せて鍼灸治療をされても問題ありません。

 顔面神経麻痺(ベル麻痺)は無治療(放置)でも60〜70%は完治すると言われておりますので、病院で治療した、鍼灸治療をしたということとは関係なく、ほとんどの人は良くなります。

 発症時の症状がひどいほど後遺症が残りやすくなるのですが、概ね3〜4週間経過時点でこのまま良くなるタイプ(60〜70%)か後遺症が残る可能性が高いタイプなのかが分かりますので、後遺症が残る可能性が高い場合には積極的に治療をされた方が良いと思います。

 ただ当院のような鍼灸院には、発症後数ヶ月〜1年と経過し、色々な症状が残っている状態で来院される場合が多くあります。

 顔面神経麻痺の後遺症の中でも重度では

 ・病的共同運動〜顔面神経麻痺が回復していく過程で神経がもとの部位とは別の部位に向かって再生してしまい、本人の意思とは別の部位が動いてしまう状態。例えばもとは口を閉じるための神経が眼の方に再生してしまい、口を閉じようとすると目が閉じてしまうことが起こります。

 ・拘縮

 ・ワニの涙〜食事の時に涙が出てしまいます。

 ・痙攣

  軽度の場合には、顔がこわばる、顔を動かすと突っ張り感や痛みを感じる、目の乾き、かゆみを感じる、食事が食べにくい、顔の疲れを感じるといった訴えがあります。

 こういった患者さんが鍼灸治療を始めることによって、症状が改善することは間違いありませんが、やはり時間が経過していればしているほど難しくなってしまいますので出来るだけ早期から積極的に治療をされた方が良いと思います。

 鍼灸・整体治療と併せて、表情筋へのマッサージ、筋肉トレーニング等のセルフケア方法の指導も行っております。